自分の才能ってなんでしょう?

弱点を治すことを中心に回っている世界で生きることには、もううんざりしていた。
社会は常に人々の短所に焦点をあてる。
短所ではなく長所を伸ばすことにエネルギーを注いだほうが、人は何倍もの成長を手にすることができるのだ。

「さぁ、才能に目覚めよう」¥1,980

人は何かとすぐに短所は目につくけど、自ら持っている長所を生かす方がいいんじゃないかという本を買ってみました。
要するに自己肯定感を高めていきましょう。ネガティブな私にもってこいな1冊。書籍はメインではなく、webでテストをして資質(5つ)を知り、本で該当の解説を見つけ読むというもの。
約30分間20秒以内で質問に答えていく。翻訳があいまいで悩む問題もあるけれど、そういうものは”どちらでもない”を選択した。(日本人あるある)

ということで私の資質は以下でした。

  1.  調和性「調和性」の資質が高い人は、意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。
  2. 慎重さ「慎重さ」の資質が高い人は、決定や選択を行うときに細心の注意を払います。あらゆる道のりには、危険や困難が待ち受けていると考えています。
  3. 共感性「共感性」の資質が高い人は、自分を相手の状況に置き換えて考えることにより、相手の感情を察することができます。
  4. 責任感「責任感」の資質が高い人は、一度やると言ったことに対して、心理的に責任意識を持ちます。正直さや忠実さなどの普遍的価値を大切にしています
  5. コミュニケーション「コミュニケーション」の資質が高い人は、一般的に自分の考えを言葉に表すのが得意です。話術に優れ、物事を印象的に説明するのが上手です。

    という結果で、書籍の方で詳しく解説があり「そうそう!そうなんだよねぇ~!」と納得する内容でした。就活生はもちろん、これから転職活動する方や自分がわからない方(曖昧)にはおすすめな1冊。
    資質は34個あり、6~34個見たい方は課金すればすべて見れます。
    とはいえ上記の資質は潜在能力であって強みではなく、磨き上げ強みになるというもの。悪いところに目を向けるのではく、良いところを伸ばしていきたいものですね。

コメント